スタッフブログ

2016年3月30日 水曜日

子供(小児・乳幼児)の体、理解できていますか?⑩


「ボールを投げてもいいですか?」

前回に続き、

正しい関節トレーニングについてお話しします。

2番目の法則

地上にて1気圧(重力)がかかることです。

たとえば宇宙とか極端に気圧が低い場所では

関節にもリスクが大きく、

骨密度も極端に減少します。

その他には高山で気圧が低い場所、

又は水中プール等で浮力がかかる場所での

関節トレーニングは効果が有りません。

最近では「酸素カプセル」等の

一時的に気圧を上昇させる機械がありますが、

気圧を上昇させるだけでは意味がありません。

その中で関節に自重(体重)をかけて

トレーニングをしなければ効果は有りません。

メディカル・ボディケア・熊本では

O-リングテスト(生体反応テスト)により

全身の関節の機能状態を検査し、

「構造医学」の考え方をベースとした

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療します。

安心・安全速効性がある

効果の実証された治療の熊本市中央区

メディカル・ボディケア・熊本

受診されてみてはいかがでしょうか?

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

投稿者 天神整骨院グループ | 記事URL

2016年3月26日 土曜日

子供(小児・乳幼児)の体、理解できていますか?⑨

子供(小児・乳幼児)の関節治療

「ボールを投げてもいいですか?」

前回より続き、

正しい関節トレーニングについてお話しします。

まず、皆さんはトレーニングと言えば

バーベルやベンチプレス等の

筋力トレーニングのことばかりお考えでしょうが・・・

ここに大きな落とし穴があります。

まずは、関節のトレーニングをしなければなりません。

関節のトレーニングが十分出来た上で、

筋肉のトレーニングを行います。

では、関節のトレーニングとはどういうことか?

これには3つの法則があります。

まず1番目の法則は、

関節に自重(体重)がかかることです。

関節には自重(体重)により、

自然に軸圧、面圧がかかり整復しているのです。

体幹や下肢は日常生活の中で

自重(体重)が自然にかかりますが、

上肢(肩・肘・手首)には

自重(体重)がかかることがほとんどありません。

ゆえに、上肢はリハビリがしにくい場所なのです。

一度悪化するとなかなかやっかいです。

そこで、上肢(肩・肘・手首)のリハビリは

四つん這いからです。

そして次に、赤ちゃんの様にハイハイをします。

次に、腕立て伏せをします。

(次回に続く)

メディカル・ボディケア・熊本では

O-リングテスト(生体反応テスト)により

全身の関節の機能状態を検査し、

「構造医学」の考え方をベースとした

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療します。

安心・安全速効性がある

効果の実証された治療の熊本市中央区

メディカル・ボディケア・熊本

受診されてみてはいかがでしょうか?

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

投稿者 天神整骨院グループ | 記事URL

2016年3月23日 水曜日

子供(小児・乳幼児)の体、理解できていますか?⑧

子供(小児・乳幼児)の関節治療

「ボールを投げてもいいですか?」

前回お話しした野球部のピッチャーの学生さんですが

3回の治療で腫れも痛みも屈曲障害も取れ、

ボールが握れる様になりました。

練習が遅れている分、

早く投げたい気持ちも分かるのですが、

これからのリハビリが大切です。

痛みが取れたからと言って、

又、投球練習をすると前回と同じく再発します。

前回のリハビリ・トレーニングが

間違っていたことを認識してもらい

正しいリハビリ・トレーニングを理解してもらいます。

当ルームでは、この様に、

子供(小児・乳幼児)の関節治療には

子供さんの成長のことを十分理解

慎重かつデリケート

治療(整復)を心がけています。

メディカル・ボディケア・熊本では

O-リングテスト(生体反応テスト)により

全身の関節の機能状態を検査し、

「構造医学」の考え方をベースとした

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療します。

安心・安全速効性がある

効果の実証された治療の熊本市中央区

メディカル・ボディケア・熊本

受診されてみてはいかがでしょうか?

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

投稿者 天神整骨院グループ | 記事URL

2016年3月16日 水曜日

子供(小児・乳幼児)の体、理解できていますか?⑦

子供(小児・乳幼児)の関節治療

「肘がまた痛くなりました!」

野球部でピッチャーをしている生徒さんが

来院されました。

3ヶ月ほど前にも治療したのですが、

又、再発したみたいです。

診察すると痛みはもちろんですが、

屈伸障害も以前よりひどく悪化し、

ボールも持てない様です。

話を聞いてみると、

当ルームで治療して一度治ったんですが、

再発し、当院への通院が不便な為、

学校近所にある整骨院に通院し、

監督推薦のトレーニングジムに行き、

痛いのを我慢して治ると信じ

トレーニングを続けていたそうです。

肘の関節が弛み潤滑不全をおこし、

又、無理なトレーニングをした事により

逆に熱を持ちはれ上がって、

曲げ伸ばしもしっかり出来ない状態でした。

最悪の状態です。

こんな患者さんが沢山いらっしゃいます。

適切な診断と、適切な処置(治療)をすれば、

こんなことにならずに済む事です。

当ルームでは、

この様に子供(小児・乳幼児)の関節治療には

子供さんの成長のことを十分理解

慎重かつデリケートな治療(整復)を心がけています。

メディカル・ボディケア・熊本では

O-リングテスト(生体反応テスト)により

全身の関節の機能状態を検査し、

「構造医学」の考え方をベースとした

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療します。

安心・安全速効性がある

効果の実証された治療の熊本市中央区

メディカル・ボディケア・熊本

受診されてみてはいかがでしょうか?

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

投稿者 天神整骨院グループ | 記事URL

2016年3月11日 金曜日

子供(小児・乳幼児)の体、理解できていますか?⑥

子供(小児・乳幼児)の関節治療

「うちの子は、1才の誕生日前に歩きはじめたの!」

最近、1才前に歩きはじめた子供を良くひけらかす

お母さんが多くいらっしゃいますが、

これはとても危険なことです。

関節には自重(体重)をかけ適度な運動をする事が、

関節(骨や靱帯)の発育にもっとも重要なのですが、

上肢(肩・肘・手首)は体重がかかることが

一生のうち乳幼児期に

ハイハイをするほんの半年間位です。

この半年間に上肢(肩・肘・手首)に、

しっかり自重(体重)をのせ、

ハイハイした子供は大人になって

上肢(肩・肘・手首)がとても強いのです。

野球肘やテニス肘等、

故障(スポーツ障害)が多い子供は、

ハイハイの期間がとても少ないか、

又はハイハイをしていないのです。

当ルームでは、

この様に子供(小児・乳幼児)の関節治療には

子供さんの成長のことを十分理解し

慎重かつデリケートな治療(整復)を心がけています。

メディカル・ボディケア・熊本では

O-リングテスト(生体反応テスト)により

全身の関節の機能状態を検査し、

「構造医学」の考え方をベースとした

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療します。

安心・安全速効性がある

効果の実証された治療の熊本市中央区

メディカル・ボディケア・熊本

受診されてみてはいかがでしょうか?

電話またはメールでのご相談もお受けしております。

投稿者 天神整骨院グループ | 記事URL

アクセス



〒862-0971
熊本県熊本市
中央区大江6-24-13

お問い合わせ 詳しくはこちら