スタッフブログ

2016年4月 2日 土曜日

子供(小児・乳幼児)の体、理解できていますか?⑪

「ボールを投げてもいいですか?」

前回に続き

正しい関節トレーニングについてお話しします。

3番目の法則は、適度な運動です。

過剰な運動は大敵です。

まだ成長期の関節は

負荷をかけ過ぎると成長が止まり

関節面の組織が破壊されます。

最近、学生さんの部活動等のトレーニングは

設備も充実し情報も沢山あり

プロと同じようなメニューをするところも多いです。

関節の成長が終わり、

関節がしっかりしているのであれば良いのですが

成長期、又、リハビリ中のトレーニングにしては

過剰すぎます。

適度な運動として、上肢(肩・肘・手首)のリハビリは

四つん這いからです。

そして次に、赤ちゃんの様にハイハイをします。

次に、腕立て伏せをします。

下肢(腰・股・膝・足首)のリハビリはスクワットからです。

次に歩行(強歩)、そして次はランニングをします。

当ルームでは、

この様に子供(小児・乳幼児)の関節治療には

子供さんの成長のことを十分理解し

慎重かつデリケート

治療(整復)を心がけています。

メディカル・ボディケア・熊本では

O-リングテスト(生体反応テスト)により

全身の関節の機能状態を検査し、

「構造医学」の考え方をベースとした

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療します。

安心・安全速効性がある

効果の実証された治療の熊本市中央区

メディカル・ボディケア・熊本

受診されてみてはいかがでしょうか?

電話またはメールでのご相談もお受けしております。



投稿者 天神整骨院グループ

アクセス



〒862-0971
熊本県熊本市
中央区大江6-24-13

お問い合わせ 詳しくはこちら