スタッフブログ

2015年8月28日 金曜日

骨盤矯正について⑥



骨盤(仙腸関節)が弛む(ずれる)原因

4、出産(正常分娩)に原因があるもの

正常分娩時には、

骨盤(仙腸関節)は弛み、産道が開きます。

簡単に説明しますと、骨盤(仙腸関節)は

亜脱臼した状態になるのです。

この亜脱臼した骨盤(仙腸関節)を

産後に整復(締める)し、

4週間~6週間程度固定する必要があります。

しかし、産科では出産後の骨盤(仙腸関節)の

整復や固定が出来ていないのが現状です。

昔の人は、「さらし」をまく事で

十分整復や固定が出来ていました。

又、良く歩行をしていたので、

自分自身の体重(自重)

関節を整復(締める)していたのです。

骨盤(仙腸関節)の弛み(ずれ)

そのまま放置していると、産後体調不良になったり、

体重が産前に戻らなかったり、

下半身のむくみ等の原因にもなります。

メディカル・ボディケア・熊本では

O-リングテスト(生体反応テスト)により

全身の関節の機能状態を検査し、

「構造医学」の考え方をベースとした

生理的整復法(矯正)による熟練した技術で

徹底的に治療します。

安心・安全速効性がある

効果の実証された治療の熊本市中央区

メディカル・ボディケア・熊本

受診されてみてはいかがでしょうか?

電話またはメールでのご相談もお受けしております。



投稿者 天神整骨院グループ

アクセス



〒862-0971
熊本県熊本市
中央区大江6-24-13

お問い合わせ 詳しくはこちら